上手な資金計画の組み立て方

暮らしを圧迫する家づくりはしない!
私たちが資金計画にこだわるのもそのためです。

上質なデザイン、家族にジャストフィットの間取り、そして安心で快適な住宅性能…。
U.Styleは様々なこだわりをもって、家づくりに取り組んでいます。
なかでもイチバンは? と聞かれたら「無理のない資金計画」と、社員みんなが答えます。
なぜならそれは、マイホームを手に入れる本当の目的である、家族の幸せに直結している事柄だからです。

資金計画3つのステップ

1総額を把握する

家づくりには、見えにくい費用がたくさんあります。
U.Styleは最初から、わかりやすく総額表示で話を進めます。

資金計画を立てるための準備段階として、まずは、家づくりにかかる総額費用を把握することから始めます。「えっ、土地+建物だけじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、じつは他にも必要な費用がいくつかあるのです。いわゆる諸費用と呼ばれるものですが、何だかわかりにくいですよね。そこでU.Styleでは、ひとつひとつの諸費用の意味と具体的な金額とを明示しながら、家づくりにかかる総額を明確にしています。

家づくりに必要な総額の内訳
①付帯工事費 既存建物の解体工事費、地盤改良工事費、空調設備工事費、外構工事費など
②諸経費 住宅取得にかかるもの 印紙代、登記費用、不動産取得税、火災保険料
住宅ローンにかかるもの 銀行事務取扱手数料、保証料、印紙代

U.Styleの見積もりは、経費をすべて含んだ『総額表示』
大半のお客様が、初回見積もりの範囲内で家を建て終えます。

2ライフプランを考える

住宅資金返済は長丁場、
ライフプランを伺うことで、無理のない返済額を提案します。

家づくりの総額がわかったら、「そんなお金を借りられるのだろうか?」とか「借りたとしても、返せるのかな?」など、多くのお客様はそんな不安を口にします。でも、ご安心ください。ここからが、U.Style営業スタッフの本領発揮。お客様とご一緒に時間をかけて、毎月無理のない返済額での資金計画をご提案していきます。
その第一歩は、現在の暮らしぶりを伺う、ヒアリングからスタートします。年齢、職業、家族構成などベーシックな質問から、世帯年収、毎月の光熱費、車のローンなどの借り入れの返済額など、いろいろと質問させていただきながら、ご納得いただける無理のない資金計画をご提案していきます。

無理なく返せる金額から組み立てる、U.Styleの資金計画。
そのために未来の話を伺っています。

3住宅ローンを組む

「つなぎローンは…」と聞かれて「???」の方も大丈夫!
営業スタッフが同席して、お客様の代わりに答えます。

U.Styleの資金計画の基本は、「いくら借りられるか」ではなく「月々無理なく返していけるのはいくらか」という発想からスタートすることです。自己資金の割合をどれくらいにするかも、この段階で検討します。自己資金の中に両親や祖父母からの贈与が含まれる場合は、税制上のアドバイスなども行います。
そして、返済期間や金利を考えながら、数多くの住宅ローンの中から最適なものを選び、住宅ローン申し込みを行います。申し込み前の仮審査から、お引き渡し前の金銭消費貸借契約まで、必要な書類はその都度随時お伝えし、金融機関との手続き時には、必ず当社の営業スタッフが同行することを徹底しています。専門的な質問には、お客様の代わりにお答えしますので、難しい専門用語が出てきても大丈夫です。「とても緊張しましたが、隣にいてくれるだけでも安心しました」と、お客様から感謝の言葉をいただくことも…。これも、U.Styleこだわりの、お客様サポートのひとつです。

ローン 流れ

金融機関との手続き時には必ず同席。
ローン契約締結まで、責任を持ってサポートします。

なるほど!お金のコト U.Styleに相談だ

    以下の必要事項を入力の上送信してください。必須の項目は必ず入力してください。

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    再度入力をお願いいたします。
    電話番号必須
    郵便番号必須
    ご住所必須
    このサイトを知ったのは?必須
    お問い合わせ内容必須

    092-626-8637
    完成見学会で家が観たい! イベント情報にアクセス