土地を活かす 設計提案

設計士の技と感性で、土地と建物をマッチング

土地と建物。その二つがピッタリと一つになって、はじめて理想の家は完成する。
そう考えるU.Styleでは、建物に注ぐ想いと時間と同じくらいの熱量で、お客様の土地探しをサポートしています。
前ページ「二人三脚の土地探し」で、その流れはご理解いただけたと思います。
設計担当者も候補地の現地調査に行き、
候補地の段階から、土地の形状や方位を見極め、周囲の環境を肌で感じることで、
土地を活かした建物の、プランニングに役立てているのです。
このページでは、そんなU.Styleの家づくりだからこそ形にできた、3邸の事例をご紹介します。

1崖地旗竿地の課題をクリアし、
福岡市東区ではもう数少なくなった、
約100坪の土地を手に入れる。

開口2.4m、細長く延びた敷地の先にまとまった敷地がある、いわゆる旗竿地。しかも土地の一辺は崖地となっていました。しかし、この課題さえクリアできれば、人気の千早駅エリアで、100坪近くの土地が破格で手に入るという好条件の土地でした。まずは、お持ちの車での出入りに問題ないかをしっかりと確認。崖とは反対側に建物を寄せて建築すれば、福岡市の崖条例に抵触することなく、充分な広さの家が建ちます。こうして、リビングの大きな3つの窓から、広い芝生の庭が見回せる、開放的な住まいが完成しました。

2南に向いたリビングの窓を大きく取り、
敷地に隣接する池を借景として
季節の移り変わりを、上手に暮らしに取り入れる。

この地を実地調査に訪れた時から、U.Styleの設計担当者には勝算がありました。敷地の南側には大きく開けた池があり、対岸からの視線も気にする必要はありませんでした。南側に大きな窓がある、明るく開放的なLDKのイメージが、彼の中にはすでに出来上がっていたのです。既存住宅の解体が終わると、住宅密集地とは思えない贅沢な風景が広がっていました。こうして完成したO邸は、ご希望どおり2台分の駐車場も備え、LDKから季節の移り変わりを楽しめる住まいとなりました。

3敷地面積65.3㎡(約19坪)の変形地ながら、
駅、買物、病院に近い、老後の暮らしには最適な環境。
隅々まで敷地を活かした、終の住み家が完成。

お母様から引き継いだT様の土地は、複雑に入り組んだ三叉路の角にありました。そこに、デザイナーとして服づくりを行っているT様のアトリエとして、また将来は終の住み家にもなり得る空間として、この家は建てられました。
キッチンや畳スペースなどの生活空間を1階に、2階のアトリエは、将来仕切ることもできる、柔軟性のある設計になっています。階段下のスペースを活用したトイレ、玄関と階段の扉とをひとつにした引き戸など、限られた空間を最大限に活かす工夫が隅々にまで凝らされた家が完成しました。

土地探しは行動力!

なるほど!土地のコト U.Styleに相談だ

    以下の必要事項を入力の上送信してください。必須の項目は必ず入力してください。

    お名前必須
    フリガナ必須
    メールアドレス必須
    再度入力をお願いいたします。
    電話番号必須
    郵便番号必須
    ご住所必須
    このサイトを知ったのは?必須
    お問い合わせ内容必須

    092-626-8637
    完成見学会で家が観たい! イベント情報にアクセス