風通しが良く明るい空間へと生まれ変わらせるリフォーム

大野城市/ご夫婦/築年数:年

近所でリフォーム工事していて、シート看板で「ユースタイル」という名前を見ていました。そしたらすぐにまたご近所でリフォーム工事をされていて、「ユースタイル」と書いてある。散歩中だったのですが、気になって、面識はないお宅の方でしたが、思い切ってインターフォンを押しました。奥様が出てこられて聞いてみたら「すごくいい会社」「おすすめですよ」とのネガティブなことが一切ない言葉。「私がお電話しましょうか?」とまで言ってくださって、ご近所の方がそこまで言う会社ならと、とても信用できたんです。名刺をもらったのでお電話したら担当の方がすぐに来てくださって。
父が関わっていた家なので面影は残したいという想いがありました。私たちももう歳なのであまりに環境が変わるのも落ち着かないですし。それから入口に松の木があるので、古民家風にしたいなと。そういうこちらの希望を聞いて、江口さんとインテリアコーディネーターさんがアドバイスしてくれました。
稲富棟梁との出会いもとても大きなことでした。家を見られたときにすぐにここは残しましょうとか、おっしゃってくださって。本当はたくさんリフォームした方が(儲けるわけだから)いいものでしょ?それよりも(家の価値として)残しといた方がいいところ、また素人では分からないことも建築上どうなのか分かりやすく説明してくださって。仏間のところはそのままにしておきたいと思っていたら、稲富棟梁が来られた時すぐに「仏間は残しましょう」っておっしゃったんです。そういうところが合致していたので安心してお任せできました。
またとても感謝しているのが、計画から終了まで、江口さんがいつも真摯に迅速に対応してくださったこと。ひとつひとつ確実に返事をしてくれて、“待つ”ということがなかった。やはり出来上がったものを見ることはできなくて、出来上がっていくのを待つので、希望や疑問への返答が遅かったら不安になると思うんです。けれど、江口さんは私たちに一度も不安を覚えさせることがなかったです。
建築中は月に1・2度見に行きました。その時にご近所の方から大工さんが「みなさん感じ良く挨拶してくれるよ」と聞きました。それを聞いて、私も嬉しくて。面談式で業者さんとお顔合わせできていたので、見に行った時も気兼ねなく入れました。
シャンデリアも後でつけてもらいましたけれど、無理難題も迅速に対応してくれて。また電気屋さんがとてもいい方で、一生懸命2時間くらいかけてつけてくれたんです。首が痛くなったんじゃないかな、大変だったろうと思います。ありがたいですね。
完成して…とても風通しが良くなって、本当に気持ちが良いです。リビングの床も無垢材なのでとても心地良いですね。私(奥様)はキッチンが一番気に入っています。前は暗くて風通しも悪かったんですよ。私(ご主人)はお風呂です。
家に関わる工事はこれで3回目でしたけど、初めて「こうしとけばよかった」が一つもないリフォームでした。前は別荘の方が落ち着いていたけれど、リフォーム後は、別荘から帰ってきたときに「こっちもいいねぇ」と思える家になりました。
息子が帰ってきて見たときに、すぐに「いいね!」って言ってくれて。まだ若いし、「どうしてこうしたと?」とか言うかなって思っていたけれど、一切なくてとても評判が良かったです。
それから階段の途中の壁にデザイン窓を提案してもらったんですけど、外から見たときにアクセントになっているし、階段も明るくなりました。

前のリフォーム:カーポート取付
次のリフォーム:中古住宅を新築なみのマイホームへ!
一覧へ戻る