矢印
家を通じて住まい方を提案してます。

家は“物”ではなく人がずっと住む“場所”です。
単に商品として家を売るのではなく、
家族それぞれの住まい方を考え提案しています。

1
常設展示場は持ちません。

常設展示場という経費をお客様への価格に反映させたくない、また夢物語のような家ではなく、本当に参考になるお住まいをご体感いただきたいとの想いから、常設展示場は持ちません。
その代り、建てた施主の家を期間限定モデルハウスとしてお借りして、次のお客様の出逢いへとバトンを渡していただいております。

2
実際建てた施主の家は必ず見て頂きます。

完成見学会やオーナー様宅訪問ツアー、期間限定モデルハウスなどで、実際に建てた施主の家を必ず見ていただいております。
より具体的な実感がわき、自分たちの家創りにも取り入れたい設計のヒントがたくさん隠れているからです。

3
見積もりはすべてコミコミ価格で提示します。

家創りにおいて一番懸念すると言ってもいいのが、最初の見積もりより、どんどん上がっていくことです。契約してからオプションが重なり、価格があがるのは一番困ってしまいます。
ですから、当社では手数料なども全て想定しての予算で見積もります。最初にきちんと納得していただいたうえで、ほとんどの方が最終的に予算内で収まった!との喜びの声を頂いております。
最初の見積もりから間取りが変わるたびに追加料金をとられた…なんて話しをよく聞きます。
当社は建築総面積が同じであれば、間取りが変わっても価格は同じ「定額制」にしています。
ですから最初の段階ですべてコミコミの価格をご提示できるのです。

4
家を建てる職人全員が、施主の顔と名前を知っています。

たとえサッシだけであっても、どんな家族が住む家なのか?
家族構成や施主の職業、人柄を知りながら建てるのでは、ちょっとした現場での工夫にも差がでてくるものです。
建てる前に必ず行う面談式(お顔合わせ)で「この施主のために建てる家なんだ」と認識する時間を必ず取っています。

5
資金計画、ライフプラン、各種銀行手続きなどオールインワンのサポート体制をとっています。

「今の家賃分ぐらいのローンなら大丈夫じゃないか?」など、はじめはざっくりとしたイメージを持たれる方が多いかと思います。また住宅会社側からはよく「借りられるだけ借りときましょう!」と言われるケースがありますが、それはとても危険なことです。
実際子育て経験のあるスタッフが、自分の体験談も重ねて親身に提案します。

6
家創りの固定概念はありません。

家創りを始めると、まず「広い家がいい!」なんて考えませんか?
実際に当社の家を見てみて広い、狭い、どう感じられるでしょうか?
私たちは、プライバシーと採光、安全性を考えて家の真ん中に庭を造ったり、
共有勉強スペースを他の場所につくり子ども部屋を3帖にするなど、各家族に合わせた導線・間取り、そしてオリジナリティーを考えた常識に捉われない家を創っています。

7

社長が検査・点検に行くのは全国でも珍しいと思います。
家は建ててからが始まりです。
どんな家も建てたばかりは何も起きません。
建てて半年、1年、3年と時間が経つと差がでてきます。
社長が伺って、そのたびに施主からクレームを言われ続けるとしたら、会社は成りたちません。 それだけクオリティーの高い住まいを提供するという、会社としての宣言のようなものなのです。
また、社長を筆頭に各所のプロ(業者)が一度に伺うことで、点検から補修までその日一日で終わらせることができます。忙しい中、点検後の別日に照明業者、また別日にクロス業者など、何度も来られると疲れてしまいますよね。
そして業者単独で伺って、目が行き届かず万が一の行き違いが起きることも防いでいます。

8

U.style

〒813-0034 福岡市東区多の津4丁目9番10号 オクダビル1階
TEL:092-626-8637 FAX:092-626-8639 E-mail:info@u-style-saho.com