作成者別アーカイブ: 江口房夫

IMG_6585

「障子」張り替え

随分長い間放置していた、僕の部屋の「障子」の張替えレポートです。

IMG_6552

現状は、こんな感じです。(ぼろぼろでした)

「お風呂」で作業します。先ずはお湯をかけて、「糊」を浮かしていきます。

こんな風に、汚れた水に成りますから、注意が必要です。↑

お湯だと、直ぐに剥がれます。          剥いだ物は、ごみ袋に直行。

雑巾を使って、洗って行きます。終わったら、直射日光が当たらない場所で、乾燥します。

洗濯物と一緒で、「直射日光」で乾燥させると、木が痛みますから、「直射日光」は避けたほうが良いですね。

IMG_6568

姫(孫)が作ってくれた、「雑巾」を使用しましたよ。・・・自慢!!

必要な物は、「専用のチューブに入った糊」あとは、テープ・直線定規・刃の薄いカッターナイフです。

貼る位置決めたら、端っこをテープで留めて、一端、外に丸めます。

 

糊を付けて、紙を当てたら押さえて行きます。(刷毛は、ご家庭に無いでしょうから、タオルを丸めて、押さえて下さい)

終わったら、定規を当てて要らない部分切り離していきます。

 

完成しました。            Before                                               After

お疲れ様でした。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

IMG_6487

今夜は「手作り餃子」でも。

今日は、お盆に行けなかった、昔住んでいたご近所の方で、子供たちが大変お世話に成った方のお墓参りに行きますので、先週作った「餃子」のレポートです。

「餃子」は、久し振り。

白菜を1/4程、豚ひき肉を300gほど、用意してください。(時間が有る方は、豚肉を買ってきて包丁 2丁を使って叩いてミンチにすると、元の「肉の状態」が確認できますし、多少粗びきが出来たりしますので、試してみても良いかもです。)

「白菜」をみじん切りにします。これに「小さじ一杯」程度の塩を加え、しっかり揉んで写真の程度に成る位にします。(「白菜」が高価な時には、キャベツでも良いですよ。少し甘みが出ますね。)

次に、別のボ-ルを用意し、「水」を約150CCほど用意します。お肉に水を少しづつ加えながら混ぜます。「トロトロ」に成ったら完了です。

IMG_6473

先ほど塩もみした「白菜」を「布巾等」でしっかり絞って(ちなみに僕は、手で絞ります・・・・・ん?)、お肉の入った先ほどのボールへ豆乳・・・投入します。

次に「香味野菜」、「ニンニク」を入れます。(連休になりますよね)これは、ある方から先日頂いたものです。

皮をむいて、天地を落として(左の写真)、包丁の腹の部分を当てて、上から手のひらで押さえて潰します。(真ん中の写真)右の写真のようになりますので、これを繊維に直角に切ると簡単にみじん切りが出来ます。

「ニラ」を1束、同じようにみじん切りにします。

写真に在る調味料「オイスターソース」「本みりん」「濃い口しょうゆ」「料理酒(紹興酒があると、いい香りがしますね)」「ごま油」「鶏がらスープ」と、これ以外に、「砂糖(大さじ2杯程度)」「コショウ」「甜麺醤(テンメンジャン)」を加えます。(塩は、「塩もみ」の塩分が残っていますので、僕の場合には入れません。)

IMG_6482

 こんな「たね」に成ります。

市販の「餃子の皮」を使用して「餃子くん」を作っていきます。フライパンに並べて焼いていきます。(厚めの鉄製のフライパンが有ると、良いですね。すき焼き鍋が良いのですが、片づけを考えると、このフライパンらしいです。)

ちなみに、焼くのは「奥様」が進んでされますので、その間に、洗い物を済ませます。

(油を多めに引いて、焦げ目が付いたら、お湯を加え、ふたをして水気が無くなったら、ごま油をひと掛けして、完成です。)

IMG_6483

 使ったのは、これだけです。

ガラスのボール×2

まな板

包丁

コップ×1

出来ました。お好きな調味料で、召し上がれ。(ちなみに、お母様と奥様は、何も付けないでも美味しいと言う事で、そのまま召し上がられます。)

以上、終わり。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6432

「PC改造です。」

皆さんは、「デジカメ」で撮影したデータをどの様に取り込まれていますか?

メディアが「SD」カード系のメディアで、ノートパソコン等を使いでしたら、割と簡単に取り込むことも可能でしょうが、僕の様に「コンパクトフラッシュ」を使うカメラをお使いの方は、カメラにケーブルを接続するか、写真の様に「メディアリーダー」を使われるのではないでしょうか?

IMG_6420愛用のデスクトップ  これを改造します。(免許は要りませんよ!)

Canon EOS 5D(無印)・・・骨董品ってだれか言いましたか・・・悪かったですね。これでもやっと「FinePix S2 Pro」(このカメラは、これでいい絵が取れますよ)からのパワーアップですから。

横のふたを開けるとこんな感じです。

              CPUファン(この下にCPU)     メモリー(4+4×2)

 2.5インチ HD          DVDーRW          電源ユニット

ここに「3.5インチベイ用 カードリーダー ユニット」を組み込みます。

フロントパネルを取り外し、「3.5インチベイ」の内部パネルを切り取ります。 ↑こんな感じ

ここに「ユニット」を差し込みます。少し「きつめ」なのはまあ良かったのですが、固定用のビスの所が、上手くなかったので、やすりで削って調整しました。

反対側も同じようにして固定をします。ただ、「マザーボード」に、「USB 3.0」のコネクターが「1箇所」のみでしたので、フロント側には、増設のユニットに「USB 3.0」が有りますし、リアーには、写真の様に全部で「6ポート」有りますので、元々の配線は、外したままとしました。

(分岐用のコネクターを買っていませんでしたしね・・・・えへっ ヽ(^o^)丿)

蓋を閉じる前に動作の確認をします。     「CF」(今回は、マイクロドライブを使用)を認識

完成です。   今まで以上に簡単に「写真」が楽します。

では、また。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

IMG_6331

「車庫の改造?」

愛車デボネア君の「左のフェンダーミラー」をだましだまし、CRCを吹き付けながら使用していましたが、ついに「スイッチ・ポン」では、折りたたまなく成りましたので(手で少しサポートすると、出来るのですが)ゆったりと車庫に止められるように、資材を整理をして、少しっ暗かったので、照明器具を追加しました。

それでは、「照明器具」増設のお話しです。

既存の照明から、伸ばそうと思いましたが、結線が厳しかったので、断念しました。。

使用材料は、電線(VVF-1.6×2)と、本体のみです。おーっと、「ステップル」が、なくなっているのに気が付かず、この後、買い出しに !!!!!!

 

IMG_6336

こんなやつですね。

作業開始です。

こうやって、器具を付け・配線をして、

分岐位置から、電源を取って完成です。

IMG_6338

これで明るくなりました。

最後に注意です。「第2種電気工事士」以上の免許が必要ですから

ご自分でされない様にしてください。

では、また。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

IMG_6311

「網戸君の張替え」

夏休みも終わりに近づき、孫が遊びに来てぼろぼろに成った「網戸君」の張替えの報告です。

必要な道具は、次の写真の通りです。

IMG_6291

取替用ローラー 抑え用ゴム  カッター 網戸

1.「取り換え用ローラー」は、ホームセンターで入手できます。

2.「取り換え用ゴム」には、太さが数種類ありますから、必ず今付いている物の切れ端も持ってい くか、測って行って購入します。(今回は、こんなものかと「7㎜」の物を購入)

3.「折れ刃式カッターナイフ」(通称名称:カッター ですか?)刃は、新しい物に取り換えます。

4.言わずと知れた「網戸用の網」(これも、今ある物の切れ端を持って行きましょう)

さて、材料の用意が出来たら、作業に掛かります。

IMG_6292

古い網を剥がします。 何か問題でも?

角から始めます。ローラーで網戸を引っ張りながら、押さえて行きましょう。

コーナー部分は、特にしっかり押さえます。

この時には、ローラーの反対側を使うと上手く行きますよ。

最後まで行ったら、カッターナイフで切断し、端部はしっかりと押えます。

IMG_6305

仕上げに掛かります。カッターナイフを寝かせて、余分な網を切り落としていきます。

切り終わったら、サッシに「網戸」を取り付けて完了です。(作業時間 約20分位でした)

今日は、これまでです。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

 

IMG_6280

「お風呂のお掃除」

 

8月16日「お盆の飾りつけ」の片付けも終わり、この頃気に成っていた「お風呂の黒カビ」の清掃をする事にしました。

日頃は、「雑巾がけ」のみで対応するのですが(色々な方法を試し尽くして、お風呂のカビ対策は無いという結論に一応達しているので・・・・・。)。何か新しい方法はと、「ネット」を覗くと、何やら新しい「わざ?」

早速挑戦。

 第1弾は、某国営放送から「50℃」以上の熱湯を90秒以上かけると、消えてしまうという「技」。

いざ挑戦「50℃」と言わず「60℃」に設定して、スタート・・・・・!

IMG_6266

全く効果なし。

気を取り直して、第2段。

 「片栗粉」に「漂白剤」を大さじ一杯+大さじ一杯少々を加えて、透明になるまでかき混ぜ、「5分程度放置する」というもの。

IMG_6271

2連敗。

という事で、蓋の掃除はあきらめて、天井の清掃の開始。

before                  after

「判らない?」   かも知れませんね!

浴槽の上は、こんな感じで「お風呂の蓋」を利用して。(危険ですから、良い子はまねをしないように!)

ちなみに、脚立よりもこの様なアルミ製の踏台の方が、軽くて使いやすいですよ。その上に、お値段もアルミ製脚立よりもお安いですしね!!!)

「浴室暖房乾燥機」のフィルターにも「50℃(60℃)」のお湯掛けをトライ。こちらは「効果有」でした。(「たわし」での仕上げは必要でしたがね

そんなこんなで、完了しました。

IMG_6280

では、また。(*^^)v

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

IMG_6238

「壁のお掃除」です。

 

梅雨も終わりましたので、恒例の「外壁(網戸)の清掃」の報告をします。

決して難しくは無いのですが、少々大変です。

IMG_6242

判りにくいかも知れませんが、結構汚れています。

これを水洗いして行きます。

IMG_6238

こんな風に、水の勢いをいっぱいにして、洗ってきます。

IMG_6243

母の部屋と、奥様の部屋は、「よしず」をセットして、一緒に水洗いして完了と成ります。

我が家の2階部分は、屋根がずーっと有りますから、滑らないように気を付けてやれば、割と簡単に水洗いが可能です。

IMG_6246

ただ、「ハトのフン」に被害がたくさんで、清掃には、手間がかかります。(屋根もいっしょに洗います。)

清掃が終わると、網戸も一緒に綺麗になって、風通しも良く成りますから、断熱工事が30年前の仕様の我が家では、自然の風が流れて、非常に助かります。

今日の報告は、以上です。

引き続き「熱中症」注意です。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

 

DSCF2173

「お引渡し」Renovation・・・

 

「Renovation」をさせて頂きました「2つの現場」のお引渡しが、28日・30日と終わりました。

お礼の意味を込めまして、ご紹介させて頂きます。

今回は、「30日」にお引渡しさせて頂いたお宅のご紹介です。(28日にお引渡しさせて頂いたお宅は、写真撮影が済んでいませんので、次回の紹介とさせて頂きます。)

先ずは、「工事用の鍵(以下 工事キー と表示します)」と「実際に使用するの鍵(以下 本キー と表示します)」との取り換え作業です。

ご主人様に、未開封の袋から「本キー」出して頂いて、玄関のカギ穴へ差し込んで、回して頂いて今後「工事キー」が使用出来ないことの確認をして頂きます。

そして、鍵をお渡しすることで、「お引渡し」と成ります。・・・もちろん、「お引渡しの書類」がどうのこうのと話はあるのですが・・・・・。

<ギャラリー>

「照明器具」が、取り付けていない部分が、上手く撮れていなかったです。

 撮影機材:Finepix s2 pro + NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6GⅡ

 

お幸せにお過ごし下さいませ。

有難う御座いました。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

 

IMG_6210

「桜の木」でも・・・季節外れ・・・そう言わずに

この所忙しくて、「庭仕事」が出来ていなかったので、気合を入れて「ホームセンター」にお花の苗の仕込みに行きました。

そこで見つけた中の一つ

さくらの「苗木」。定価「861円」の所を「50%」引きです。

思わず買い込んできて、「植え付け作業」スタート。

虫が入ったのか、水やり不足か。今年枯れてしまって、寂しくなった植木鉢を使用します。

一応「made in Italy」です。(鉢底の穴が小さいので、ほんとは使いずらいのですが・・・。)

きれいに水洗いをして、植え替えの準備をします。

綺麗に洗った「植木鉢」君達と、今の時期の必需品

鉢底のネットを敷きます。

→ 今回は、「銅製」の物を再利用です。「銅製」は、ナメクジの侵入防止に効果が有り、再利用もできますし、開口が大きいので、「水はけも良い」ので、非常な優れものです。

こんな所でケチらないで、いい物を長く付き合う「花」には、使用したいですね。と講釈はその位にして。

「底石」には、一般に販売されている「底石(軽石)」は高いので、「ボラ石(大粒)」(約1/3の価格です。)を使用します。

ここで、しっかりと水洗いをします。プラスチックの鉢底ネットを使用すると、小さな粒が溜まって流れが悪くなることが有るので、その場合には、下から少し押してあげて、ごみを出すと良いですね。

さて植え付けます。

植え付け用の土は、以下の物を使用しました。

赤玉土(小粒)+腐葉土(出来るだけ良質の物・・・と言っても800円/袋 程度の物で良いですが・・・。)

この用土を「容積比」7:3位の比率で混ぜて使用します。

⇒腐葉土は、混ざりにくいので注意が必要です。

そんなこんなで、本日は、「さくら」君以外にも「植え付けたり」「植え替えたり」で、この様なことに成りました。

IMG_6211

時期が遅いですが、「根」を傷めないように楽しみましょう!

では、また。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-

 

 

IMG_6185

「面談式のプレイベント」に付いて

面談式の件は、「10日」に行われた際の事が開いて有りますので、そちらを見て頂くとして、今日はその前に行われますプレイベント「業者会」のご紹介をさせて頂きます。

IMG_6319

こんな感じで、工事に関わる方々に集まって頂いて、

その日に行われる「面談式」の現場に関する「勉強会」を行います。

170715 パートナー面談式

 内容に関しては「社外秘・・・・・?」ですので、詳細に関しては、割愛いたしますが、上記のような内容で、約1時間30分程度、行います。

今回は、特に「熱中症」に関して、この様な資料を用いての説明が有りました。

当然の事ですが、「技術」的な事に付いての確認・説明が行われ、現場スタートの準備を行います。

この後に「オーナー様」をお迎えしての「面談式」と成ります。

「面談式」開始前のゆるーい ひと時です。

この様に、「技術的」な勉強会も欠かさずに実施されます。

今日は、「業者会(現場勉強会)」の簡単な説明とさせて頂きました。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-