_DSC2390
隆弘大和

大和 隆弘

2018年1月1日

2018年 新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

 

昨年は福岡県と大分県を中心とする九州北部にて集中豪雨が発生し、被災された多くの皆様には改めまして心よりお見舞い申し上げます。

まだ当たり前の暮らしが日常となっていない方もいらっしゃるかと思います。一日でも早く心から安心できる日が訪れますことを心よりお祈り致しております。

 

 

ユースタイルとしての昨年は、7月で創立10周年を迎え、11年目へと突入した年でございました。

この節目の際、設立のときからお世話になっているオーナー様、10年を通してご縁をいただいてきたオーナー様へ、改めまして深い感謝の気持ちを表し、これまで以上に関係を深めていかなければと思い至りました。

ユースタイルでは家をただ建てるだけでなく、お客様にずっと寄り添っていくことを大切にしております。家も年をとっていきますし、ご家族様も年齢を重ねていかれます。建てられた後のメンテナンスフォローはもちろんですが、相続や土地売却など、新たな住まいに関するご相談が出てくるかと思います。そういったご相談もユースタイルでフォローして差し上げる必要性を感じた次第です。

新築の家を建てるという意味でのユースタイルの必要性だけでなく、10年という節目を迎えたうえでのオーナー様からのユースタイルの必要性を改めて考え、情報発信をしていく所存です。

振り返れば、ユースタイルは13坪の小さな事務所からスタートしました。

そこから今のビルの1階へ移転し、一昨年、同ビルの3階に設計室をオープン。さらに昨年には3階のスペースを広げ、現在は1階と3階に事務所を構えております。

まだまだ小さい会社ですが、当初の事務所からお付き合いのあるオーナ―様、新しいご縁をいただいてきた皆様に感謝申し上げると共に、これからも末永いお付き合いのほどをよろしくお願い申し上げます。

 

<設立当初の事務所> 

 

 

新築をご検討中の皆様へのご提案としては、若干の変化ではございますが、事業の幅を広げた年でもありました。「福岡は土地がない」とのお悩みは、お客様のお声として多く耳にしてまいりました。お客様のニーズに応えるために、土地とセットでのご提案もさせていただくようになりました。人気エリアとなれば2030坪といった広くない土地でも、上手いご提案を差し上げることが、会社として必要性を感じるところです。土地の情報に関しましては、今後とも何卒ご支援賜りたく思っております。

 

また昨年は「style house」の等身大モデルハウスを2棟公開し、たくさんのお客様がご来場のうえ、住まい創りのご参考にしていただきました。「style house」は、“私たちは建売住宅しか買えない。注文住宅は諦めるしかない”というお客様の声から生まれました。性能やデザイン性、暮らしやすさ…注文住宅と変わらない品質で手の届きやすい価格帯を実現させたシリーズです。規格住宅にありがちな、「度重なるオプション」、「間取り変更が一切できない」というストレスもありません。「こんな家創りの発想は今までなかった」というお声もいただいております。

また弊社のモデルハウスは、実邸をお借りしてのモデルハウスです。常設展示場を持たず、その分の経費はお客様に還元するという考えは創立当初から変わることはありません。おかげさまで、今年1月からもオーナー様のご厚意により、style houseのモデルハウスをオープンさせていただきます。たくさんの方の住まい創りのご参考にしていただけたら幸いでございます。

 

それでは、末筆となりましたが、皆様におかれましては本年が素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

平成30年 元旦

ユースタイル㈱ 代表取締役 大和 隆弘