IMG_6487
江口房夫

江口房夫

2017年9月13日

今夜は「手作り餃子」でも。

今日は、お盆に行けなかった、昔住んでいたご近所の方で、子供たちが大変お世話に成った方のお墓参りに行きますので、先週作った「餃子」のレポートです。

「餃子」は、久し振り。

白菜を1/4程、豚ひき肉を300gほど、用意してください。(時間が有る方は、豚肉を買ってきて包丁 2丁を使って叩いてミンチにすると、元の「肉の状態」が確認できますし、多少粗びきが出来たりしますので、試してみても良いかもです。)

「白菜」をみじん切りにします。これに「小さじ一杯」程度の塩を加え、しっかり揉んで写真の程度に成る位にします。(「白菜」が高価な時には、キャベツでも良いですよ。少し甘みが出ますね。)

次に、別のボ-ルを用意し、「水」を約150CCほど用意します。お肉に水を少しづつ加えながら混ぜます。「トロトロ」に成ったら完了です。

IMG_6473

先ほど塩もみした「白菜」を「布巾等」でしっかり絞って(ちなみに僕は、手で絞ります・・・・・ん?)、お肉の入った先ほどのボールへ豆乳・・・投入します。

次に「香味野菜」、「ニンニク」を入れます。(連休になりますよね)これは、ある方から先日頂いたものです。

皮をむいて、天地を落として(左の写真)、包丁の腹の部分を当てて、上から手のひらで押さえて潰します。(真ん中の写真)右の写真のようになりますので、これを繊維に直角に切ると簡単にみじん切りが出来ます。

「ニラ」を1束、同じようにみじん切りにします。

写真に在る調味料「オイスターソース」「本みりん」「濃い口しょうゆ」「料理酒(紹興酒があると、いい香りがしますね)」「ごま油」「鶏がらスープ」と、これ以外に、「砂糖(大さじ2杯程度)」「コショウ」「甜麺醤(テンメンジャン)」を加えます。(塩は、「塩もみ」の塩分が残っていますので、僕の場合には入れません。)

IMG_6482

 こんな「たね」に成ります。

市販の「餃子の皮」を使用して「餃子くん」を作っていきます。フライパンに並べて焼いていきます。(厚めの鉄製のフライパンが有ると、良いですね。すき焼き鍋が良いのですが、片づけを考えると、このフライパンらしいです。)

ちなみに、焼くのは「奥様」が進んでされますので、その間に、洗い物を済ませます。

(油を多めに引いて、焦げ目が付いたら、お湯を加え、ふたをして水気が無くなったら、ごま油をひと掛けして、完成です。)

IMG_6483

 使ったのは、これだけです。

ガラスのボール×2

まな板

包丁

コップ×1

出来ました。お好きな調味料で、召し上がれ。(ちなみに、お母様と奥様は、何も付けないでも美味しいと言う事で、そのまま召し上がられます。)

以上、終わり。

———————————————————————-

ユースタイルYoutubeチャンネル

CM動画・オーナー様インタビュー・実邸モデルハウス動画を配信中!

チャンネル登録お願いします☆

https://www.youtube.com/channel/UC6KsZlzmJsxWtODz3f8Wm7Q

———————————————————————-