_DSC2390
隆弘大和

大和 隆弘

2016年1月1日

新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで創立10年目となる今年を無事に迎えることができました。

 

 

昨年は弊社にとって、住宅の仕様・商品、そして情報提案の環境面、またFP資格による税制面と住まい創りからみた土地提案において“モデルチェンジ”をした年でした。

ユースタイルの方針のひとつとして、『常にお客様目線に立ち、分かりやすいご提案をする』ということを掲げております。

創立10年目を迎える前に、更にその方針を貫くため、様々な面において変化を加えました。

 


 

                                          

1、お客様のオプションストレスをなくす

最初の提示は低価格だけれど、度重なるオプションにより、最終的には予算以上の高額になる―。住宅会社においてよく耳にしがちな話しですが、それはお客様にとってかなりのストレスになることでしょう。私は創立当初からそういったことがあってはならない、なるべくお客様にストレスのないようにと考えてきました。

そして昨年は、ご希望がなるべくオプションにならないように、私自ら先頭に立ち時間をかけて、初めから価格・グレードともにご満足いただけるような標準仕様の改革を行いました。

 

2、style houseシリーズのリリース及び展開

「価格面において注文住宅は諦めるしかない」「私たちには建売住宅しか無理」というお客様の声を多く耳にしました。注文住宅でも建売住宅に近い価格でご提供できるはずだと試行錯誤し考案したのが、style houseシリーズです。構造や断熱の性能は落とさず、生活を配慮した設計プラン。尚且つデザイナーズ住宅として恥じない高いデザイン性。すべての要素を盛り込みつつ、手に入りやすい価格帯を実現した住宅となっております。

 

3、設計オフィス『Lis Design』とホームページ

デザイナーズ住宅としてのご提案をより深めるため、設計オフィス「Lis Design」を立ち上げました。そして設計提案も一新。いかに良いプランでも、平面図だけではなかなか具体的に家の中を思い描くことは難しいと思います。そこで、実際に家の中を歩き回っているようなバーチャル体験ができる最先端の設計ソフトを導入し、より分かりやすいご提案ができるようになりました。同じく会社の看板となるホームページも、ユースタイルの中身をより分かりやすく見ていただける内容へとリニューアルした次第です。

 


                                        

 

こういった変化と弊社の想いを込めた家創りの継続ができるのも、ひとえに日頃よりご支援をいただいてきたオーナーの皆様方がいるからこそと切に感じております。

10年前にゼロからスタートした当初から信じていただき、ご家族の幸せの延長線上にある家創りを通して、たくさんのご縁をいただけたこと。

オーナー様方のおかげで、ユースタイルの歴史は創られてきました。

ただただ感謝の言葉しかございません。誠にありがとうございます。

これからも時代のニーズを謙虚な気持ちで受け止め、お客様に寄り添い、想いを分かち合う家創りに邁進していきたいと存じます。本年も変わらぬお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

末筆となりましたが、皆様におかれましては本年が素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。

 

 

平成28年 元旦

ユースタイル㈱代表取締役 大和 隆弘